シャイニングソウル2の思い出


f:id:medabotslove:20170731174946j:image

 私は小学生の頃シャイニングソウル2をやっていた。あのときはGBA最盛期。メトロイドフュージョンだとか、ポケモンなどの大作飛び交うGBAソフトの中からこれを選び抜いた彗眼はさすがだったと思う。当時、ゲームなんて年に1度か2度くらいしか買って貰える機会がなかったので、ゲームに餓えて暇なときにクーラーの効いたカメレオンクラブをうろうろしていたのが懐かしい。パッケージがない裸のゲームソフトの表題のシールを眺めながら、買う予定の無いゲームを真剣に面白いかどうか考えていたような。僕らのカメクラは、ファミコンショップ桃太郎は、恐竜ランドはいずこへ?


f:id:medabotslove:20170731175444j:image
f:id:medabotslove:20170731175512j:image

メトロイドフュージョン。SA―Xに心折れた思い出。ビーム音が抉る感じで好きだった。

 

 当然当時の私は攻撃ばっかりでアイテムを揃えるのも面倒だからSTRとINTだけ上げて脳筋プレイに没頭していた。SPは時間で回復するものだと思ってたから、SP100くらい平気で待った。最初に選んだキャラは忍者の彼。見た目で選んで、イカにやられまくったのはいい思い出。とにかく刀しか上げなかったから、最初は持ち味を全然生かせていなかったのだろう。
f:id:medabotslove:20170731180348j:image

 忍者はカッコいいよね。なんか投げそう(FF)。シャイニングソウルでの忍者は刀を溜めてクルクル回る。足が速くて後ろからダメージアップのアサシンが強かったし、巻物も種類があって興味があったが、私としては、レベルを上げると見た目が変わるほうが好きだったので、一周したら直ぐにダークウィザードへとキャラを変えた。隠しキャラがダークウィザードだったのと(ネタバレ)、単に2周目が敵が強くなっただけだったのも要因だったのかも。今やり直すとそれ以降が、ハクスラの真髄なのに。しかし、脳筋ボーイにダークウィザードは甘くはなかった。

 ダークウィザードでの攻略は難航した。何も考えずにポリモーフにポイントを裂いた私は、あまりの弱さに困惑した。姿が変わるのは面白いが、強さが全く無い。慌てて杖に振ったが楽しくない。結局ダンシングダガーとデーモンブレスに鞍替えしてクリアした訳だが、杖とポリモーフに振ったポイントが悔まれた。このゲームは特化すると強いけど、ポリモーフだけは例外。個性でいえばダークウィザードが一番クセがあって面白いと私は思います(強いとは言ってない)

 

 シャイニングソウル2は控えめに言って、傑作だったと思う。キャラの種類は多くて満足だし、1つのキャラでスキルを選んで何度も遊べた。ダンジョンは隠しもあって盛りだくさんだった。スタッフの遊び心も随所に見え、楽しくて仕方がなかった。最近のゲームの寒いネタと似たような乗りだが、上手いこと面白い方へと転んだ。


f:id:medabotslove:20170731183022j:image

 ペーストベイビーのインパクトよ。当時はこれの意味するところを理解していない

 

他にも挙げたらきりがないほどの面白さがあって、未だにこれを超えるRPGには出会っていないと思えるほどに、面白さが心に残っている。レベル上げですら楽しみにだったように思う(オードブル砂漠)。シャイニングソウルの無印は一面が長くて辛かった。システム的にも2と比べると未熟だったため、無印はやらなくてもいいのかもしれない

 

 

 ところでシャイニングソウル3はまだですか……?